5万円キャッシングした場合の返済のシミュレーション

5万円キャッシングした場合の返済のシミュレーション

5万円キャッシングした場合、月々の返済はいくらになるか?

キャッシングの利率にもよりますが、たとえば実質年率18パーセントだったら、1万円の借入で、月々150円の利息です。ということは、5万円だと大体750円です。案外安いなと思われるかも知れませんし、確かにこれだけで留まれば安いのですが、大抵はこれをオーバーしてどんどん借りてしまう傾向があるので、気をつけてください。

 

大手の消費者金融系カードローンは、大体18パーセント

上で金利を18パーセントとしましたが、大手の消費者金融系のカードローン会社の場合、大体この利率です。安い実質年率は4パーセント程度から始まっていますが、ほとんどの人が借り入れる金額なら高い方の18パーセントが適用されますし、特に5万円の場合はほぼ確実にそうです。具体的に業者の名前をあげると、たとえばプロミス、アコム、モビットあるいはアイフルなど、すべてそうです。

 

月々1万円ずつ元金を返済した場合のシミュレーション

月々1万円ずつ元金を返すということは、元金だけは5ヶ月でなくなるということです。そして、金利は750円、600円、450円、300円、150円…という風に5ヶ月間で払います。これを合計すると、2250円です。つまり5万円を月々1万円ずつ5ヶ月でへんさいする場合、合計で2250円の利息を払うということです。このくらいなら安いと思う方もいるかも知れませんし、高いと思う方もいるかも知れませんが、とりあえず数字はこんな風になります。

 

レイクなどの30日間無利息キャンペーンを利用するのがおすすめ

たとえばレイクだと、5万円までは半年間無利息で借りることができます。ということは、上の例の場合、2250円の金利を一切払わなくていいということです。これはかなり有利ですね。また、レイクのように半年間ではないですが、たとえばアコムやプロミスなども30日間無利息というキャンペーンはやっています。当サイトではアコム、プロミスなどをおすすめしていますが、どちらもこの30日間無利息をやっているので、ぜひ活用するといいでしょう。

 

イオン銀行のカードローンBIGなら、もっと利率が安くなる

イオン銀行が提供しているカードローンBIGの場合、金利はもっと安くなります。実質年率が一番高くても14パーセントなので、約4パーセント違うということです。ただ、その分最低借入金額が30万円からとなっていて、5万円だけ借りるということは一応できないルールになっています。ただ、これは抜け道があって、30万円借りた後すぐに25万円返済してしまえば実質5万円借りたのと同じです。